技術講演会

2016年度 SSDS/JMAC技術講演会のご案内

大学の先生、企業、ベンダーによる年一回最大のイベントとして会員の振動・騒音の測定解析技術やCAE技術に関する講演・論文発表・情報収集や意見交換の場になっています。

2016年度技術講演会案内(PDF 571KB) ※最新版2016/7/11

2016年度 SSDS/JMAC技術講演会のご案内

拝啓 皆様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

日本モーダル解析協議会(JMAC)では1991年発足から毎年の技術動向に沿った技術講演会を開催し、技術者、教育者へ最新の情報発信と研究および情報交換の場を提供してまいりました。

今年度から、日本モーダル解析協議会(JMAC)は、一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティ(SSDS)の一組織として活動しています。SSDSは、サウンドデザインの振興と普及を図り、快適かつ機能的な音環境を構築することを目的としており、技術者のみならず企画デザイナーやサウンドクリエータなど幅広い分野の方々が参加されています。

2016年度 SSDS/JMAC技術講演会は、スマートサウンドデザインソサエティ(SSDS)との同時開催とし、 “クリエータとエンジニアによるサウンド共創”をテーマに、大学・産業界の第一線で活躍されている講師をお迎えして技術講演・研究事例発表を行います。

また、併設展示会「サウンド&バイブレーションデザインフェア2016」や「ランチセッション」を通してCAEや振動・騒音対策などに関する最新の情報収集や意見交換、産官学の人的交流に貴重な機会ですので、是非ご参加頂き日々の業務にお役立て下さい。

敬具

一般社団法人 スマートサウンドデザインソサエティ 代表理事
中央大学 理工学部 教授 戸井 武司

日本モーダル解析協議会 会長
中央大学 理工学部 教授 大久保 信行

概要

日時
技術講演:2016年9月1日(木)~9月2日(金) 両日共 9:30~17:00
懇親会 :2016年9月1日(木)17:00~
ランチセッション:2日目のみ ランチ休憩時
場所
中央大学理工学部(後楽園キャンパス)
内容
「ものづくりに必要なCAE技術を中心とした大学・研究機関の先生方、企業の第一線でご活躍されている研究者の講演・論文発表を行います。CAEや振動・騒音対策などに関する情報収集や意見交換、また産学の人的交流に貴重な機会ですので、是非ご参加頂きお仕事にお役立て下さい。」

参加費について

2016年度参加費
(2日間)
○SSDS法人会員
   3名まで無料で参加可、事前申し込み必須。
○SSDS個人会員(2016年度SSDS会員)
    9,000円
○法人個人(企業にお勤めの方1名参加)
   14,000円
○教育個人(教育機関の学生の方で、受付時に学生証の提示必須)
    4,000円
○一般個人(企業名の請求書は発行致しません)
   12,000円

参加費には技術講演資料代を含みます。
参加者は別途開催する各種技術基礎セミナーに会員価格で参加できます。
参加費は下記口座にお振込みください。
請求書が必要な場合はその旨をお伝え下さい。
なお、お振込が遅れる場合は事務局迄ご連絡下さい。(締め日等考慮します)

振込先 みずほ銀行 渋谷支店
(店番号210 普通 1598392)
一般社団法人
スマートサウンドデザインソサエティ

お申し込みはこちら

 

会場へのアクセス

  • 東京メトロ丸ノ内線・南北線
    『後楽園駅』から徒歩5分
  • 都営三田線・大江戸線
    『春日駅』から徒歩7分
  • JR総武線
    『水道橋駅』から徒歩15分
このページの先頭へ